違いを比べよう

前の記事で、ウッドデッキもタイルデッキも同じテラスの一種とお話しましたが、じゃあどっちがいいの?と思いますよね。

こちらの記事で、少し比較してみたいとおもいます。

コスト面だは、

作業工程が、沢山ある分タイルデッキの方が時間がかがり費用面でも高くついてしまいます。

タイルデッキは汚れても水で流し、ブラシで洗うことも可能ですが、 構造上コンクリートブロックわ積み上げ作っていきますが、家の基礎の通気口を塞がぬよう施工されるのでどうしても、家の床よりも下になってしまい、フラット空間は難しくなります。

その反面、ウッドデッキの内部は束柱があるだけなので通気の邪魔をせず、家の床面の高さと出来るだけ合わせて作ることが出来るのでフラット空間をつくることが可能です。

リガーデン(お庭のリフォーム)の場合でも、ウッドデッキはコンクリートブロックを下地にするタイルデッキとは違い、設置箇所は地面に直接でも可能なのが長所です。

傾斜地の山の中や、コンクリート下地、土だかの場所でも施工可能です。

デッキを壊して別の物を、設置したい場合でもタイルデッキの場合はコンクリートを解体するために時間や、費用がかかってしまったり、さらに、騒音問題もでてきてしまいます。

それに比べウッドデッキはシンプルな作りのため比較的ローコストで解体が可能となります。

このようなことからも

ウッドデッキ人気が続いてます。

ウッドデッキもメンテナス等手間がかかることがありますが、手をかけた分味が出てきます。

それもウッドデッキの良さです。

 

ウッドデッキがあることで、お庭に出る機会が増えたり、リビングの延長として使え生活空間を、広く感じることができ、家の内部とお庭を繋げてくれる動線の役目を果たしてくれます。

 

活用の仕方によって色々と多彩な表情を、見せてくれるテラスは皆さんにとってわくわくする楽しい存在となってくれるでしょう。

 

 

 

 

 


一覧ページに戻る