ウッドフェンス

プライバシーを守り、お庭でのびのびと過ごしていただくためにも、目隠しは必須アイテム。
しかし、コンクリートやブロック塀では圧迫感を感じ、アルミやスチールのフェンスでは無機質に見える。
そんなお悩みではありませんか?

そのようなときはナチュラルな雰囲気を演出できるウッドフェンスがぴったりです。
天然の木質感があるウッドフェンスは、特にイングリッシュガーデンとはピッタリの組み合わせ。
木目調をアクセントに取り入れることで、緑の景観をより柔らかく、ガーデニングの花々を引き立たせることが可能です。

ウッドフェンス施工のポイント

◎フェンスの高さ
フェンスには外から覗かれないよう、上手に視線をカットしたり、お住まいの防犯性を高める役割があります。
歩行者からの視線やプライバシーを守る目的の場合は、1.5~1.8メートル、防犯目的の場合は、腰の高さから1.4メートル程度までが理想的。
格子状や斜めに角度をつけて板を並べる採風タイプにすれば、圧迫感が無く見た目にもオシャレです。

◎お住まいのテイストに合わせて
色味やデザインに様々なバリエーションを持つウッドフェンス。
どれを選ぼうか迷われる方も多いと思いますが、色味なら外壁との相性を考えるのが一番です。
外壁が暗めの色なら黒やダークブラウン、明るめなら白や茶などナチュラルな色味がおすすめ。
デザインはオーソドックスな横張りのほか、和テイストにもマッチする縦格子タイプ、完全プライベート空間ができる目地なしタイプなど、目的に合わせてお選びいただけます。

一覧ページに戻る